こんなところです

古民家の宿 『楽知』は、愛知県豊田市の山奥にある築150年の古民家をまるごと貸し切りで使える素泊まり(料理などのサービスはありません)の宿です。

 

『楽知』は、たのしりと読みますが、その由来は、このあたりが、昔、『田ノ尻(たのしり)』と呼ばれていたためです。

 

なぜ、田ノ尻と呼ばれていたのか?その詳しい理由はわかりませんが、恐らく、農業を中心とした集落の、一番、尻尾の部分という意味だと思います。

 

ただ、そのままの漢字を使うのではなく、読み方はそのままで、『楽しいことを知る場所』という意味を込めて、『楽知』にしました。

 

素泊まりの宿なので、何か特別なサービスがあるわけではありませんが、自然いっぱいの環境で、快適に、楽しい時間を過ごすには、いいところです。

 

仲の良い友達や家族と一緒に、食材を持ち寄って、わいわいとバーベキューや鍋を楽しんでもいいし、本でも読みながら、ゆっくり過ごすというのでもいいと思います。

 

貸し切りで使えるので、友達や家族と、自由で楽しい時間を過ごしたい人におすすめです。

 

古民家に併設した屋根付きのバーベキュー小屋です。

広々と使えて、雨でもバーベキューを楽しめるのが魅力です。

 

ウッドデッキは、少し、贅沢な気分で、ゆったりとした時間を楽しめます

 

もうひとつ、『楽知』には、知ることが楽しいという意味も込めています。

 

ここを起点として、新しい人との出会いや、昔からの友人や家族の新たな一面を発見できる交流の場所に使ってもらえればと思います。

 

普段は、読まないような本を読んだり、知らない音楽を聴いたり、普段はしない料理をしてみたり、いつもとは違う行動を取ることでも、新しい発見は、あると思います。

 

楽しみ方は、人それぞれですが、できるだけ、色々な、趣味趣向を持った人達が、自由で、楽しい時間を過ごしてもらえるような場所に育てていきたいと思います。

 

リフォーム済みの古民家は、キッチンやお風呂などの水回りも、現代的な設備なので、快適に過ごすことができます。

自由に使えるキッチンです。カセットコンロや土鍋などの用意もあります。

お風呂も改装済みなので、快適に利用できます。

 

古い家ですが、清潔で居心地の良い空間です。

 

特に、気取るような場所ではないので、リラックスして、楽しい時間を過ごしてもらえたらと思います。

 

友達や家族と、バーベキューや鍋を楽しんだり、自由な時間を楽しむには、いいところなので、興味のある人がいれば、気軽に、遊びに来てもらえればと思います。